ブログBlog

New Entry

Category

コロナ禍の人間ドック <11月28日>

2020.11.28

 28日、毎年この時期に行っている人間ドックに行って来ました。コロナ禍で例年と違う状況が随所に見られました。

 事前に送付される書類の中に、14日前からの体調や行動に関する調査用紙があり、マスク着用の指示と入り口での手指消毒検温、更に直接受け付けに行くのではなくソーシャルディスタンスが施された待合室で待機し、その後2人ずつ受け付けを行うという段取りでした。

 例年より予約の人数を絞っていたのではないかと思いますが、各検査ともほとんど待つことなくスムースに行われ、スタッフ陣の手際よさに感心しました。

 検診者が入れ替わるたびに検査機器と周辺をアルコール消毒し、スタッフは全員手袋マスクフェースシールドを付け、さらに例年ならば問診をした医師から検診内容の速報を聞くため、待ち時間に食事をとっていましたが、速報の説明や飲食は取りやめるというすべてに亘って感染防止策が徹底されており、コロナ禍でも安心して検診することができました。

 検診場所が厚木でしたので往復東名を利用しましたが、帰りは秦野中井インターチェンジを少し過ぎたあたりから渋滞が始まり、行きは30分帰りは1時間以上かかりました。

 大井松田から下りは左右車線に別れ、左車線が工事で通行止めというのが原因の一つと考えられますが、周りの車は品川・練馬・多摩・大宮・川崎・横浜・千葉など明らかに観光の乗用車が多く、東京の感染者が連日過去最高を更新している状況下とは思えない光景で、検診センターの万全な感染防止策に感心した後だけに、東名の渋滞は複雑な気持ちになりました。

12月定例会議 <11月27日>

2020.11.27

 27日もテレビからは、新型コロナウイルス感染拡大が止まらないというニュースが流れ、過去最高の感染者を記録し続ける中で、国や自治体も専門家の意見を基に本格的な対策に乗り出しました。

 そんな中、12月4日から開成町議会12月定例会議が始まります。

 定例会は、議長を除く議員11人の一般質問と10議案の審議などが行われ、私の一般質問は議会2日目7日月曜日の13時30分から行う予定です。

 今回もコロナ禍ということで、議場の換気対策などを行うため、一般質問の持ち時間は通常の60分から15分短縮して45分で行われます。

 私の質問は、「自治会活動を持続可能にするための町の考えは」と題し、現在の自治会活動を持続可能にするため、主な課題である自治会活動に対する参加者の減少と、自治会役員のなり手不足の克服について町の考えを問います。

 現在県西地域は人口減少に歯止めのかからない状況の中、開成町は唯一人口増加が続き元気な町と言われています。

 しかし人口が増加するだけで本当に住みやすい、元気な町と言えるでしょうか。住みやすい元気な町とは、人口増加と共に町全体の地域が活性化し、そこに住む人が安全安心に楽しく充実した日々を過ごすことができる町だと考えます。

 災害時などに共助をしっかり発揮させるためにも、日頃から地域の連携が大切であり、充実した自治会活動の役割は大変重要だと思います。

 現状では、自治会の加入率はほぼ横ばいで推移しているものの、自治会活動に対する参加者の減少や、自治会役員のなり手不足など次第に課題が浮き彫りになってきているのも現実であります。

「エール」結末に感動の声 <11月26日>

2020.11.26

 26日、NHK朝の連続テレビドラマ「エール」が結末を迎えました。

 最初からずーっと見続けていたわけではありませんが、11月に入ってからは見ていて楽しい気分になるような展開が続き、気が付くと日課になっていました。

 主人公の作曲家とその妻が人々の心を音楽の力で勇気づけようと歩んでいく姿を描いたドラマとのことですが、新型コロナウイルス感染症で日常生活にいろいろな面で我慢を強いられている状況の今、まさに時機を得た作品だったと思います。

 最後は海辺で若いころの回想でしたが心温まり、本当に勇気と元気を与えてくれました。

 インターネットの記事は、SNSに『「最高の最終回でした」「本当に涙が止まらなかった」「ウルっときた」「素敵な終わり方」といった声が続出。また、「お疲れ様でした」「素敵な作品をありがとうございました」とキャストやスタッフ陣をねぎらうコメントも相次いでいる。』と伝えています。

 「エール」を見て、コロナで荒んだ気持ちを癒された方も多かったのではないでしょうか。

 また歯科医師のグループ、グリーンによる主題歌「星影のエール」も心に響きました。

 出演された方々やスタッフ関係者の方も、コロナ禍の撮影などでいつも以上にご苦労があったのではないかと思います。

 このドラマ制作にかかわったキャストやスタッフ陣に、今度は視聴者から「エール」を送りたいと思います。

最大80万円の補助金支給 <11月25日>

2020.11.25

 『政府は電気自動車(EV)の購入者に対し、現行の2倍となる最大80万円の補助金を支給する制度を2021年度に導入する方針を決めた。

 自宅やオフィスの電気契約を再生可能エネルギー由来の電力に切り替え、EVへの充電設備を整えることなどを条件とする。

 環境省と経済産業省が今年度第3次補正予算案に必要経費を盛り込む。両省は、新制度を2050年までに温室効果ガスの排出量を実質ゼロにする政府目標の実現に向けた目玉施策の一つと位置づけている。』25日読売新聞オンラインが配信した記事です。

 記事には、現在EV購入者への補助が最大40万円支給されているが、最大100万円前後の欧州と比べ少ないこと、また電気契約を二酸化炭素(CO2)が排出される石炭などの化石燃料で発電された電力から、太陽光や風力といった再エネによる電力に変更することを条件とすることでCO2排出を抑制する狙いがあるとの掲載があります。

 菅内閣が掲げた環境対策が目標達成に向けて動き出した気がします。個人が購入する車に対して80万円の補助金は高いように見えますが欧州に比べればまだ低く、地方自治体が上乗せしてEV車を化石燃料程度の価格にしなければ普及は難しいと思います。

 EV車の普及に限らず、温室効果ガス対策が具体的に進められることは地球環境の対策がが待ったなしの現状に来ている今、大変重要なことだと考えます。

 地方自治体も国の動きに対応して、出来ることから具体的施策を進めるべきであり、特に2050年までに温室効果ガス排出量実質ゼロを宣言している自治体は率先すべきだと思います。

効果的な換気は? <11月24日>

2020.11.24

 24日、西日本新聞は『新型コロナウイルスの感染防止対策として有効とされている換気。気温や湿度が下がり、感染リスクが高まるとされる冬場は特に欠かせないものの、窓を開けるのがおっくうな季節でもある。効果的な換気の方法はないだろうか。』と始まる記事を配信しました。

 冬場の効果的な換気の方法として記事は、「換気扇を回し、換気口を開けるなど機械設備を活用」 「暖房で室内を暖めた後、暖房を入れたまま窓を開ける」 「開ける窓は対角線上にある2カ所」 「寒い場合は、30分に1回3、4分程度を目安に」と紹介しています。

 特別変わったことではなく、分かり切っているように思えますが、寒い季節に実行するのはなかなか難しいものがあるような気がします。

 しかし記事にあるように『新型コロナウイルスの感染防止対策として有効とされている換気』であり、この冬は確実に実行して新型コロナウイルスから自分と大切な人の命を守るよう心がけることが大事だと思います。