ブログBlog

New Entry

Category

高卒はバブル並み <5月17日>

2019.05.17

 『大学生の就職率、97.6%高水準、高卒はバブル並み』17日共同通信が配信した記事のタイトルです。

 記事は『今春に大学を卒業し、就職を希望した人の就職率は4月1日時点で97.6%で、過去最高だった昨年と比べると0.4ポイント減少したが、統計を始めた1997年春卒以降、2番目となる高水準を維持した。厚生労働省と文部科学省が17日、発表した。

 一方、就職を希望する全ての高校生を対象とした文科省の調査によると、3月末現在の就職率は昨年より0.1ポイント増の98.2%。9年連続の増加で、過去最高だったバブル期の1990年度(98.3%)にほぼ並んだ。

 人手不足を背景に、高校生についても企業の採用意欲が高い状況が続いている。』と記されていました。

 人手不足が続く状況で、高卒はバブル並みとのことです。私は長年中小企業で人事の仕事をしていたので、人手不足時、特にバブル期の採用は本当に苦労しました。

 一生懸命努力してやっとの思いで採用しても、5月の連休明けには大勢の退職者が出てしまい、泣きっ面に蜂という思いも味わいました。

 バブルのころ求人活動は困難を極めましたが、土地や株価の高騰を始め、日常生活では好景気を感じる状況でした。

 それに比べ現在は、人手不足で就職率は高水準と言っても日常生活の中でバブルのころほど好景気を感じることはないように思います。

 就職率の高さが、企業業績を押し上げ経済の活性化と好景気に繋がり、我々の日常生活に大きく良い影響が出て、豊かさを実感できるようになればと思います。

不妊の苦しみ力に 仲間支える <5月16日>

2019.05.16

 『妊娠望み18年、最高月60万円出費も・・・「何も残らなかったと思っていたけど・・』15日沖縄タイムズが配信した記事のタイトルです。

 記事は『不妊治療を経験…今度は支える側に
 妊娠や出産に関する情報を提供し不妊を体験した人たちの交流の場をつくろうと、任意団体「おきなわ妊活・不妊サポート協会」がこのほど発足した。

 メンバーのうち3人は、治療経験者が仲間を支える「不妊ピア・カウンセラー」の認定者。定期的なおしゃべり会や個別カウンセリングの開催を通して「苦しんでいるのは、あなた一人じゃない」とメッセージを送る。』と始まっていました。

 そして記事は不妊治療を行っている方々の状況や、治療の効果が得られなかった方の『子どもも、貯金もないむなしさを他人には打ち明けられず、親戚の集まりでも肩身が狭かった」。シーンとした病院の待合室で「この気持ちを誰かと共有できたら、どんなに心強いだろう」と切実に思い描いた。』という辛い胸を内が記されていました。

 少子化に伴い、対策のための子育て支援が叫ばれる一方で、子どもを産みたくても授からない夫婦が大勢いて、不妊治療で共通の辛い思いをしている方々が寄り添える仲間造りが始まっているようです。素晴らしいことだと思います。

 不妊治療について、国や地方自治体はもっと手厚い支援を考えてもよいのではないでしょうか。

信じて良かった・・ <5月15日>

2019.05.15

 『「信じて良かった」6万円を貸した男性は埼玉の医師 捜していることを知り感激の涙』10日、沖縄タイムスが配信した記事のタイトルです。

 感激しましたのでチョット長いですが全文を紹介します。

 『沖縄県立沖縄工業高校2年の崎元颯馬(そうま)さん(17)が、財布をなくして困っていた時に、お金を貸してくれた見ず知らずの男性を捜していた件で、10日午前、本紙などの記事を見た本人から同校に連絡があった。

 男性は埼玉県のイムス三芳総合病院で勤める脳卒中神経内視鏡センター長の猪野屋博医師(68)。ネットニュースを読んだ同じ病院の医師から伝えられた。

 猪野屋さんは「捜してくれていることに感激して泣けてきた。信じていて良かった」と涙を流しながら喜んだ。学校から恩人が見つかったことを知らされた崎元さんも「今すぐ連絡したいほど嬉しい。あの時の感謝が思いだされて胸がこみあげる」と話した。

 母親が沖縄出身で、沖縄にもゆかりが深く、たびたび来県する猪野屋さん。20日から沖縄を訪れ、滞在中に崎元さんや学校関係者と面談する予定。

 「感謝の気持ちを伝えたい」と話す崎元さんは、直接会ってお金を返し、「工業高校生らしく自作の品もプレゼントしたい」と再会を心待ちにしている。

 2人の「出会い」は4月24日の早朝。崎元さんは伯父の葬儀で与那国島に行くため那覇空港に向かっていたが、航空券代が入った財布をなくし途方に暮れていた。

 沖縄都市モノレールに同乗していた猪野屋さんは、うなだれている崎元さんに「どうしたんだ」と声を掛け、事情を知った。

 なくしたお金は6万円。猪野屋さんは「そんなにかかるのか」と一瞬、疑問もよぎったが、「あまりに悲しい顔なので、貸すことは先に決めていた」。空港駅のホームで6万円を渡し、身元も十分に確認しないまま、出発便へ急がせた。

 猪野屋さんは埼玉に戻る前に念のため警察に行き、困った高校生がいたと、いきさつを説明。警察からは「高校生が誰か分かるわけない」と言われた。帰ってから知人らと話題にしたが、「だまされたんだよ」と笑われた。

 半ば諦めもあったが「俺は信じている」と思っていた猪野屋さん。10日朝に同じ病院の医師からの電話で崎元さんが捜していることを知った。「やはり沖縄の人は優しいよ。涙が止まらなかった」と、取材にも泣きながら話した。

 同日、猪野屋さんから連絡を受けた同校の赤嶺正一郎教頭(53)は「こんなに早く見つかり驚いた。崎元さんと一緒にお礼したい」と話した。

 猪野屋さんは、首里中・高校出身で新潟大学医学部を卒業。東京大学で脳神経外科の教官を経て各地の病院で脳神経外科医として活躍。沖縄でも旧県立那覇病院、豊見城中央病院で脳神経外科部長を務めた。』というものでした。

 身分を十分確認しないまま6万円ものお金を貸すというのは、さすがお医者さんという感じもしますが、そういう気持ちにさせるような高校生の困り方だったのだと思います。

 詐欺事件の報道が絶えない現在、こんなこともちゃんとあるんだと思い、なんだかホットした思いで読みました。「信じる者は救われる」そんな社会に是非したいものです。

幼保無償化10月から 法成立 <5月14日>

2019.05.14

 毎日新聞が10日配信した記事、タイトルは『「保育の質確保」は道半ば 需要喚起で待機児童増加も 幼保無償化法成立』でした。

 記事は『幼児教育・保育を無償化する子ども・子育て支援法改正案が10日、参院本会議で与党などの賛成多数で可決、成立した。

 今回の法改正により、安倍晋三首相が2017年9月に衆院解散のために打ち出した「幼児教育・保育の無償化政策」が10月から実施されることになる。

 当初は認可外保育施設を無償化の対象とするかで迷走し、補助に上限を設けることで落ち着いたが「保育の質の確保」には課題を抱えたままだ。

 国会審議では、企業主導型保育所の質に議論が集中した。2600カ所のうち、国の助成決定に当たって現地確認したのは6カ所に過ぎないことが判明。

 内閣府が先月公表した調査結果では約1割の施設が閉所していたことも明らかになり、与野党から対応を求める意見が相次いだ。

 認可外施設の質を確保するため、各自治体は条例で独自の安全基準を設けて無償化の対象施設を絞ることもできる。だが利用者の存在を考慮すれば、線引きにつながる条例制定に踏み切る自治体は少ないだろう。

 無償化の実施で、保育需要が喚起される可能性もはらむ。待機児童数が増えれば、認可外施設の利用者増を招く。

 政府は企業主導型保育所への参入基準を厳格化するなど対策に乗り出しているが、質の確保は道半ばと言える。』<『』内は配信記事全文です>

 保育の質の確保という課題が残っているとのことですが、幼児教育・保育の無償化政策が10月から実施されることになったということは子育て世代には大きな朗報だと思います。

 ただ実際運用されるに当たっては、地方自治体の対応により自治体間に格差が生じる可能性もあり、子育て中の保護者の意見や要望をきちんと踏まえた対応が自治体には求められると考えます。

初夏の絵日記「新議員研修パート2」 <5月13日>

2019.05.13

IMG_0757

<新議員研修会資料(上)研修会場(下)>

 13日、神奈川県町村議会議長会の主催する新議員研修会が、神奈川県自治会館で行われ、県内の新議員20人、事務職員6人合計26人の参加、開成町からは3人の新議員と2人の事務職員が出席しました。

 研修テーマは「地方議会運営の基本」ということで、神奈川県町村議会議長会事務局の方から資料に基づき議員の権限と義務や議会の権限、会議の諸原則等の解説を頂きました。

 この研修に先立ち、開成町では新議員研修会が開催され、町の事務局から議員としての基本的な役割の話を聞いていましたので、県のベテラン講師から現状事例等を織り交ぜてかなり専門的な説明を受け、大変参考になりさらに理解を深めることが出来ました。

 法律や条例、規則などに基づく発言や行動が求められる議員活動、外から見ていただけではわからなかった多くのことを学ぶことが出来ました。

 このような研修の場を与えて頂き、神奈川県町村議会議長会と講師の方に感謝です。

IMG_0761