ブログBlog

New Entry

Category

あなたにはできますか? <7月10日>

2019.07.10

 『【九州から伝えたい】何千人もの命が自分の判断で左右される 豪雨時の自治体対応の難しさ』というタイトルの記事が9日九州朝日放送から配信されました。

 記事は『何千、何万人の命の行方が自分の判断ひとつで左右されるとしたら…。

 しかも、電話やFAXで多くの断片的な情報が絶え間なく入り、それらを精査する余裕もなく。あなたは正確な選択ができると思いますか?

 考えただけでも背筋が凍りそうな場面ですが、毎年、日本のどこかにそうした判断を迫られている人がいます。』と始まりました。

 記事は大分県との県境にある福岡県の村で起こった、トップに委ねられた判断に関する事実を伝えていました。

 当時、役場には「『家の中に水が入ってきている』とか『助けてください』と電話が来て、役場の職員が外へ出て行った」といいます。

 さらに、「被災者や、県、各関係機関、当然メディアからの電話もある。その対応でなかなか態勢がとれなかった」といいます。

 結局、様々な情報に対応に忙殺され、村長は避難指示を出すことがでず、結果として3人の犠牲者を出したと伝えています。

 さらに記事は広島県の人口約2万4千人、西日本豪雨により12人の犠牲者を出した町のことにも触れ、この町が西日本豪雨で「統制がとれないような状況」になった日のことを伝えています。

 その状況を『実際、内部の動きとしては、あんまり申し上げにくいところではあるんですが、統制がとれないような状況になっていた』

 『かなり電話だったりいろんなことが錯綜するような状況で、ちょっとした混乱状態、パニック状態になっていました』

 『優先度が決められない、最初に聞いた情報を最初に対応するといった場当たり的な対応になっていた』と具体的に記していました。

 そして記事は『予想をはるかに超える豪雨で、同時多発的におきる災害。そのとき、自治体が出すことのできる防災情報には限界があるのです。

 私たちはその現実を受け止め、災害にどう向き合うか当事者意識を持って考えるときにきています。』と結んでいました。

 この記事は災害にあった自治体のトップの判断がいかに重要であるかを伝えているものでした。

 私は6月議会の一般質問で、開成町が最もリスクの高い災害は?という問いに対し、町長からは豪雨による水害という答弁がありました。

 それに対し私は、町長の危機管理意識のレベルが町の安全のレベルと言っても過言ではないと発言し、町長の危機管理意識の重要性を問いました。

 この記事を読んで、災害に関する一般質問をして良かったと思いました。同時に町長答弁を聞いていて『あなたにはできますか?』という疑問も感じました。

 府川町長にはこれまでの災害の概念を全く変えて、どのような災害が開成町に降りかかっても対応できる備えと、誤りのない判断が下せるよう切望したいと思います。

厚木市議選挙 <7月9日>

2019.07.9

 7日投開票が行われた厚木市議選挙、開票に時間がかかったためだと思いますが翌日の新聞に間に合わず、9日火曜日の新聞各紙に結果が掲載されていました。

 神奈川新聞の総合面には、『厚木市議 顔触れ決まる 投票率過去最低38.46%』というタイトルで、当選者と開票結果が掲載されていました。

 同紙の地域面には『低投票率に表情晴れず 気引き締める当選者』というタイトルが付けられた記事が掲載され、投票率向上に対する課題が記されていました。

 確かに投票率が4割にも満たないという結果は、選ばれた者にとっても本当に民意が現れた結果なのか疑問も感じ、手放しで喜べないというのもわかる気がします。

 地方自治体の議員選挙というのは、有権者にとってみれば選ぶ相手は地元住民であり顔見知りも多い中での選挙だと思います。

 従って選挙の中で最も関心の高まるのが、地元を対象に行われる議員選挙ではないでしょうか。

 残念ながら、4月の統一地方選で同時に行われた開成町の町長選・町議会議員選も前回の投票率を下回る結果となりました。

 21日には参議院議員選挙の投票が行われますが、立候補者が普段接することの少ない方々であり、遊説の選挙カーが回ってくる機会も大変少ない中で、投票する選挙であり投票率が心配になります。

 できるだけ多くの方から選ばれる形で当選者が決まるよう、各自治体の選挙管理委員会は投票率向上に是非尽力いただきたいと思います。

票ハラ <7月8日>

2019.07.8

 読売新聞が7月初めに上・中・下と連載した「女性と政治」という中に『「票ハラ」根絶声届け』というタイトルが付けられた記事がありました。

 記事は『有権者が女性の議員や候補者を個人的に誘ったり、抱きついたりする「票ハラスメント」。政治に挑戦する女性が増える中、この問題が表面化している。』と始まっていました。

 『「おまえに投票してやるよ」。こう言いながら、性的なしぐさをみせる男性。』

 『「小娘が」という説教や、「会って相談に乗ってほしい」と個人的なつきあいを求めることもあった。』

 『「有権者が相手なので、どこからノーと言っていいのか分からなかった」と思い悩んだ。』

 『「あしらえてこそ一人前の議員」と言われた。』

 『男性議員が「セクハラと騒ぐから誰も話しかけなくなるよ」と冷たく言った。』

 『「受け流すのではなく、女性がダメなものはダメと言える社会にしたい」と力を込める。』など現実の話が掲載されていました。

 記事は最後に専門家の意見として、『「かつてセクハラなどの言動は非常に多かったが、当事者が声を上げることによって社会が変わってきた」と指摘。

 「社会の意識を変えるためには、女性の候補者は我慢せず、毅然と拒否する態度を示すべきだ。勇気がいるだろうが、誤っていることを有権者であってもきちんと伝えることは、社会を引っ張るリーダーとして求められる力の一つだ」と語る。』と掲載して結んでいます。

 政治に対する志は、女性も男性もありません。果敢に挑戦する女性を温かく向かい入れるのが本来の姿ではないでしょうか。

 なり手不足が深刻な地方の議会選挙で、こんなことがあったら、ますますなり手などいなくなってしまうと思います。

 女性候補を取り巻くみなさんの温かい見守りと、候補者自身も勇気をもって毅然とした態度で臨むしか方法はないように思います。

あれから1年 <7月7日>

2019.07.7

 『15府県で220人以上の死者を出し、平成最悪といわれる被害となった西日本豪雨。』<yahooニュースから抜粋>6日で早くも1年が経ちました。

 被害が最も大きかった倉敷市真備町、1年経った今の様子が7日山陽新聞から配信されました。

 『【岡山から伝えたい】「元気で戻ってきて」雨に壊され、灯が消えた町 再興に心を砕く人たち』というタイトルの記事は、『日が落ちてもその界隈(かいわい)に街灯がともることはない。
 倉敷市真備町の「宮田団地」。小田川の堤防沿いにあり、昨年7月の西日本豪雨で水没した。』と始まっていました。

 記事は『真備町には昭和の高度成長期以降、倉敷市沿岸部の水島コンビナートの発展に伴い、戸建ての住宅団地が多く整備された。

 昭和40年代に造成された宮田団地もその一つ。被災前には34戸あったが現在、家屋の建て替え・修繕を終え、戻っているのは7戸ほどだ。

 死者79人(災害関連死含む、7月5日現在)、行方不明3人、住宅被害9300棟以上―。岡山県内に甚大な被害をもたらした西日本豪雨。

 被災前、約9千世帯・2万3千人が暮らしていた真備町は町域の3割に及ぶ1200ヘクタールが浸水し、災害関連死を含めて61人が犠牲になった。住宅被害は5700棟以上に上り、今も約2600世帯・6800人が仮設住宅で暮らしている。

 あれから1年。豪雨に壊された町でコミュニティーの再興に心を砕く人たちがいる。』と伝えています。

 そして記事は、再興に向けてご苦労されている方々の様子を具体的に紹介し、最後はその中のお一人の『豪雨の後、みんなが一緒になって復旧・復興に力を注いできた。

 地域の絆は強まり、新たなつながりができた。その輪が鎖のようにつながっていくことで、真備はもっと住みよい町になりますよ―』という思いで結んでいます。

 我々は東日本大震災や西日本豪雨などから、一度大災害が起きると大変なことになるという恐ろしさを目の当たりにし、それを教訓にして減災への対応やもしもに備える重要性を学びました。

 真備町に住宅地が整備されたとき、移り住んだ方々はこのような災害を予測したでしょうか。また町長はじめ行政関係者は豪雨に対する備えをどこまで行っていたのでしょうか。

 西日本豪雨は被災地に移り住まわれた方々も、行政も想定や想像もしなかった事態だったのではないかと思います。

 1年前のこの痛ましい災害を教訓に、私たち住民と行政は想定される災害に備えるのではなく、想像を絶する異変が起きても対応可能な減災準備と、いざという時の備えをすることが重要ではないでしょうか。明日は我が身と思った準備が大切です。

 「備えあれば患いなし」まさにその通りだと思います。

夏の絵日記「あじさい剪定ボランティア」 <7月6日>

2019.07.6

 

文章下の写真 <植木屋さんから剪定作業のレクチャーを受けて(上)作業を始めました(下)>

 「来年もきれいにあじさいを咲かせるために」という町からの依頼で、6日あじさい農道周辺のあじさいを剪定するボランティア活動が行われ、議員のみなさんと一緒に参加しました。

 町長挨拶のあと、植木屋さんから剪定の要領についてレクチャーを受け、それぞれの団体があらかじめ計画された場所で剪定作業を行いました。

 曇り空で作業をするにはちょうど良い天候でしたが、夜中に降った雨で軍手をびしょびしょにしながらの作業でした。

 2時間の予定で始まった作業も、多くの参加者の頑張りで少し早めに終了。あじさい祭りをはじめ、大勢の方々の目を楽しませてくれたあじさいの花も、すべてなくなりチョット寂しい感じも・・。

 これで来年もきれいな花が咲くことを期待したいと思います。参加された皆さんに感謝です。

IMG_0934IMG_0936