ブログBlog

New Entry

Category

接種時、力抜いて <5月10日>

2021.05.10

 『新型コロナウイルスワクチンの高齢者向け接種が、10日から本格化する見通しだ。

 可能な限り安全に受けるには、何に気を付けるべきか。専門家は、重いアレルギー反応アナフィラキシーに加え、「接種時の緊張による失神も心配。力を抜いて受けて」と話す米ファイザー製ワクチンは、接種当日に37.5度以上の発熱がある人や、このワクチンに含まれる成分でアナフィラキシーを経験した人は接種を受けられない。心臓などに基礎疾患がある人らは要注意とされる。上腕筋肉に接種するため、肩を出しやすい服装が望ましい。(途中省略)

 「採血より痛みはない。リラックスして受けて」と呼び掛け、「かかりつけ医で受けるなら横になった状態で。集団接種ならすぐに立ち上がらず、背もたれ付きのいすで休めるように配慮してもらうのが望ましい。家族や知り合いに付き添ってもらい、ふらつかないよう支えてもらうのも有効だ」と話す。

 厚労省は、接種後15~30分は座って過ごすよう求めている。当日の入浴に問題はないが、こすってはだめで、激しい運動も控える。接種から数日間は痛みや頭痛などが起こり得るとしている。』10日、時事通信が配信した記事です。

 県西地域は5月下旬ごろから接種が開始になるようですが、心の準備はしておく必要があると思います。

 テレビで接種の画像を見ると痛そうな感じがしますが、採血より痛くないとのことであり、半袖など肩の出しやすい服装でとにかくリラックスして受けることが重要のようです。

 これまでに接種を終えた外国の事例や、まだ数は多くありませんが国内の状況から見て、有効性と安全性はかなり高いようであり、接種の順番が待ち遠しいです。

国内も変異株ワクチン開発に着手 <5月9日>

2021.05.9

 大阪875人、東京1032人の新たな感染者、北海道は506人で過去最多というニュースが流れた9日、共同通信は『国産の新型コロナウイルスワクチンの臨床試験(治験)を手掛ける製薬ベンチャーのアンジェスと大手の塩野義製薬は9日、変異株に合わせたワクチン開発にも着手したことを横浜市で開かれた日本感染症学会学術講演会で明らかにした。

 変異がある南アフリカ株などでは従来ワクチンの効果が弱まる可能性が指摘されている。アンジェスはウイルスの遺伝情報を生かしたDNAワクチンを開発中。既に進めているものとは別に、南アフリカ株やブラジル株に対応できるワクチン候補の検討に入った。

 塩野義製薬は組み換えタンパクワクチンを開発中で、どんな物質を投与すれば変異株への免疫がつくかを調べ始めた。』という記事を配信しました。

 外国で開発されたワクチンは思うように入手できず、さらに変異株に関しては有効性が弱まるなどの報道がある中、今回のニュースは日本人として大変頼もしく喜ばしい内容だと思います。

 副反応の対応や開発コストなどで、国内ではワクチン開発を積極的に行わないという話を耳にしたことがあります。

 しかし新型コロナの感染状況が長期化し、変異株などでますます感染の勢いが増す中、唯一ともいわれる頼みの綱がワクチンであり、国内での開発は誰もが待ち望むことではないでしょうか。

 変異株にも高い有効性を持つ国産ワクチンが、一日も早く市場に出回ることを期待したいと思います。

プレ率100%商品券 <5月8日>

2021.05.8

 タウンニュース足柄版の5月8日号に『プレ率100%商品券 世帯主が2口まで購入可』というタイトルの記事が掲載されました。

 記事は『開成町は新型コロナウイルスの影響で滞る地域経済の活性化に向けてプレミアム率100%の「元気いっぱいあじさいちゃん商品券」を発行する。(途中省略)

 最大の特徴は、プレミアム率100%という点。1セット2500円で販売され、5000円分の使用が可能。500円券が10枚つづりとなっており、取扱店全店で使える「全店共通券」と、大規模店などを除いた店舗で使える「中小店舗限定券」で5枚ずつに分けて用意する計画だ。』と記されていました。

 開成町議会3月定例会で「長引くコロナ禍での町民並びに町内事業者への支援策について町の考えを問う」という私の一般質問に対し、町長からは「きちんとほかの場所に負けないように、規模の内容を今、検討しているところ」と「間違いなく実施する」という答弁があり、今回の商品券はその具体的な内容になります。※この一般質問の内容は5月1日発行の議会だよりに掲載されています。

 1セット2500円で購入し、5000円分の使用が可能であるため、確かにプレミアム率は100%ですが、私の会社がある箱根町では町民一人当たり10000円分の商品券「箱エールクーポン券」を3月下旬から配付しており、開成町長の「きちんとほかの場所に負けないように」が、今思えば意味のない答弁だったような気がします。

 しかし、ほかに負けるか負けないかはともかく、私の一般質問に約束通り答えてくれたことは、長引くコロナ禍で厳しい環境に置かれている町民の皆さんや町内の事業者にプラスになることは間違いないと考えています。

 5月21日が申し込みの締め切りですので、購入を予定されている方は足柄上商工会への返信をお忘れないようご注意下さい。

議長選挙 <5月7日>

2021.05.7

 7日、開成町議会5月随時会議が開催され、議長、副議長はじめ各常任委員会の正副委員長などを選出する選挙が行われました。

 選挙の結果、議長は今まで同様吉田議員、副議長が前田議員から湯川議員に替わりました。

 私はこの2年間、広報広聴常任委員会と教育民生常任委員会、議会運営委員会のメンバーで広報広聴常任委員会では副委員長でした。今回の改選で所属する3委員会に変更はありませんが、教育民生常任委員会の委員長を務めさせていただくことになりました。

 昨年初めからのコロナ禍で、常任委員会の活動も感染防止の様々な制約の中、従来と全く同様とは行かないかもしれませんが、感染対策に十分配慮しながら教育と福祉の分野において、町民の皆様に納得いただけるような委員会活動ができるよう精進していきたいと思います。

前年比5倍超 <5月6日>

2021.05.6

 4都府県に緊急事態宣言、首都圏にまん延防止等重点措置が出されている中で迎えたゴールデンウイーク、共同通信は6日夕方『JR各社は6日、ゴールデンウイーク期間(4月28日~5月5日)に新幹線と在来線特急などの主要線区を利用した人数が前年比5.68倍の295万8千人だったと発表した。

 新型コロナウイルス禍前の2019年と比べ26%と低調で、記録の残る1990年以降、昨年に続き2番目に少ない。』という記事を配信しました。

 テレビからは緊急事態宣言とまん延防止等重点措置期間の延長に関するニュースが流れていますが、ゴールデンウイーク期間に昨年より5倍以上の人の移動があったのであれば、感染者の大幅な減少が困難なのは当然のような気がします。

 政府は今回の措置について短期間で感染者を一気に減らすというもくろみでスタートしましたが、このような実態で延長を検討せざるを得なくなりました。

 しかし人の動きが今の延長線上であれば、いくら期間を延ばしても大きな成果は期待できないのではないでしょうか。

 延長に当たっては中途半端な内容ではなく、かなり厳しい規制が必要だと考えます。

 なにより人の心に届く強いメッセージが求められると思います。