ブログBlog

New Entry

Category

深刻な日本車の減産 <9月24日>

2021.09.24

 24日朝、朝日新聞デジタルが配信した記事は『日本経済を支える自動車産業の減産が深刻になっている。

 半導体不足や東南アジアのコロナ禍で、部品の調達が難しくなった。

 主な大手メーカーの減産数を集計したところ、8月末時点は約93万台だったが、9月に入って約1.8倍の約170万台に増えた。

 主なメーカーが2020年に生産した合計の約7%に相当する規模だ。今年度の年間計画にも影響しており、経済損失は全体で1兆円を超えるとの試算もある。』と伝えています。

 24日の東京都の新たな感染者は235人で直近1週間の平均感染者数が500人を下回ったとのこと、日本では感染者数の減少が顕著になってきました。

 しかし、東南アジアでのコロナの影響は日本が簡単に対策できることではありません。

 東南アジアへ国内メーカーが進出したり、部品を発注するのは、発展途上国への経済的支援と低コストなど理由は様々だと思いますが、コロナ当初中国に生産の多くを依存していたために日本国内で発生したマスク不足の混乱は記憶に新しいことです。

 モノづくりの業界は、いざということを考えて国内でも自給できる体制整備について、長引くコロナ禍で浮かび上がった課題として真剣に考える時期ではないでしょうか。

 日本の基幹産業である自動車業界のこの痛手が、国内の関連企業に影を落とすことがないよう、願って止みません。

10月も高温傾向 <9月23日>

2021.09.23

 秋分の日、ウエザーニュースが配信した記事は『今日23日(木)、気象庁は9月25日から10月24日までの1か月予報を発表しました。

 10月に入っても高温傾向が続き、全国的に気温は平年よりも高くなる予想です。

 特に西日本では30℃前後まで気温が上がる日が多くなり、夏服をしまうタイミングが悩ましくなりそうです。

 また9月後半から10月は、勢力の強い台風が上陸するケースが多い時期ですので、台風の発生・動向には注意が必要です。』と伝えています。

 23日も関東を中心に気温が上がり、各地で真夏のような暑さとなりました。

 暑さ寒さも彼岸まで『きびしい残暑もいつまでも続くわけではなく、秋の彼岸ともなればしのぎやすくなるし、冬の寒さも春の彼岸ころにはやわらいでくる。』と言われますが、近年はこの言葉が通用しない気温となりました。

 これも気候変動がもたらす現象だと思いますが、この状況が続けばこれまでの住環境は変化を余儀なくされ、コロナ同様に気候変動による「新しい生活様式」を強いられるようになりかねません。

 今一番の脅威を新型コロナではなく気候変動とした国があるという報道を見ました。気候変動には優れたワクチンも治療薬もありません。

 10月も高温傾向という予想が大きな自然災害の前兆でないことを願って止みません。

マスク着用を求めた店員を射殺 <9月22日>

2021.09.22

 『ドイツのガソリンスタンドで、ビールを買おうとした際にマスク着用を求められ逆上した客が、20歳の店員を拳銃で射殺する事件があり、国内で衝撃と憤りの声が広がっている。』22日早朝時事通信が伝えた記事です。

 ガソリンスタンドでビールを買うとか拳銃で射殺するなど日本とは国柄の違いを感じ、多くの日本人は身近に感じることはないと思います。

 ただ記事の終わりに警察に出頭し逮捕された犯人の自供として『取り調べに対し、政府の新型コロナウイルス対策に「追い詰められている」と感じ、「自分が持つ権利の侵害が強まっている」と思い』と記されており、長引くコロナ禍でストレスが溜まっている心情を表していると感じました。

 感染拡大防止の対策とそれに伴う様々な要請については、大変難しい問題であることは間違いないと思います。

 世界中が新型コロナウイルスという見えない敵と戦っている中、その対策を進めなければならないのも現実であります。

 対策のための要請に対しては、経済的な補償と多くの人が納得できるよう丁寧な説明が重要だと思います。

18歳までの子に10万円支給 <9月21日>

2021.09.21

 『公明党の山口那津男代表は21日の記者会見で、次期衆院選公約となる子育て関連政策を発表した。

 「未来応援給付」として0~18歳までの全ての子どもに対し、1人一律10万円相当を支給するのが柱。

 新型コロナウイルス禍の長期化を受け、子育て世帯を支援する狙いがある。』21日共同通信が配信した記事です。

 自民党と連立政権を組む公明党の公約であり現実味があります。

 いつの世も未来を担う子どもは国の宝ですが、少子高齢化の現代社会においてはますます子どもは貴重な存在であり、子育てで経済的負担が増す世代への支援は大変重要なことだと思います。

 記事に「新型コロナウイルス禍の長期化を受け」とありますが、コロナの長期化は子育て環境の悪化だけでなく、あらゆる世代の生活に厳しさを余儀なくしていると考えられます。

 国や都道府県は、長引くコロナ禍で子育て世代を始め生活に困窮している全ての世帯に対し、救済の手を差し伸べるべきではないでしょうか。

東京で500人下回る <9月20日>

2021.09.20

 敬老の日の20日夕方、東京都で新型コロナの新たな感染者が302人で約2か月半ぶりに500人を下回ったというニュースが流れました。

 感染者の年代別では、20代が88人、30代が57人、40代が42人、50代が25人で、重症化リスクの高い65歳以上の高齢者は35人とのことで、成人以降は年を追うごとに減少するという傾向が続いています。

 3連休の最終日で検査数が少なかったのかもしれませんが、この夏の感染拡大はすさまじいものでしたので、発表された人数は信じられない気がしてしまいます。

 感染者数は減少を続けていますが、医療体制は元に戻ったという報道はなく、いまだに自宅療養中の方が大勢おられ、決して安心できる状況でないのは言うまでもありません。

 希望する全員にワクチン接種が完了し、自宅で服用できる新型コロナ治療の経口薬が普及するまでは、今までと同じように感染防止に努めることが重要だと思います。