ブログBlog

New Entry

Category

11の鍵その2 <11月21日>

2019.11.21

 県外行政視察で訪れた兵庫県相生市が人口減少対策として進めている『定住促進関連事業「11の鍵」』7~11を紹介します。

 7番目は、『3歳児保育事業』で、「市立幼稚園全園(6園)では、幼児期に基本的な生活習慣を身に付けるため、3歳児保育を実施」

 8番目は、『市立幼稚園預かり保育事業』で、「4歳児、5歳児を対象に通常保育終了後16時30分まで、無料で預かる保育を実施」

 9番目は、『給食費無料化』で、「市立幼稚園(6園)、小学校(7校)、中学校(3校)で栄養の摂れた給食の提供と給食費の無料化」

※幼240円/食、小250円/食、中310円/食

 10番目は、『相生っ子学び塾事業』で、児童の安全な放課後の居場所づくり、自学自習力と基礎学力の向上を目的に、地域の人々や教員OBの協力のもと、小学5、6年生を対象に、国語、算数、英語などについて実施」

※国語・数学=週1回、英語=週2回、空き教室を利用  珠算=月3回、文化会館

 11番目は、『ワンピース・イングリッシュ事業』で、「幼児期から中学校卒業まで、段階に応じた英語教育のため、総合的なプログラムを実施」

 以上が相生市が行っている「定住・子育て支援事業“11の鍵”の内容です。

 皆さんがお住いの自治体と比較して、いかがでしょうか。

 人口減少が進み、財政的にも厳しさを余儀なくされた自治体が、行政トップの「選択と集中」で巻き返しへの努力が見えると思います。

 日本中が人口減少傾向で、大都市集中の流れの中、今が良くても必ずいつかは訪れる人口減少、良い時にこそ先の一手を打つことが大切ではないでしょうか。

11の鍵その1 <11月20日>

2019.11.20

 県外行政視察で訪れた兵庫県相生市が人口減少対策として進めている『定住促進関連事業「11の鍵」』を紹介します。

 1番目は、『新婚世帯家賃補助金交付事業』で、「市内の民間賃貸住宅に新たに入居する、結婚3年以内で、夫婦のどちらかが40歳未満の新婚世帯に、月額1万円の家賃補助を3か年行う」

 2番目は、『住宅取得奨励金』で、「市内に住宅を新築または購入した40歳未満で夫婦または子供を養育している世帯に25万円を助成する」

 3番目は、『妊婦健康診査補助』で、「妊婦が受診する妊婦健康診査にかかる費用を14回分、102,000円を限度に助成」

 4番目は、『出産祝金支給』で、「産婦人科(分娩施設)が市内にないため、通院等での労力・交通費負担軽減と出産時のお祝いとして10,000円を贈る。

 また、その子が3人目以降であった場合は次年度以降3年間毎年10万円を贈る」

 5番目は、『こども医療費助成』で、「県事業である小学校4年から中学3年までの入院医療費の無料化に加え、市単独事業として通院医療費の自己負担分を助成し無料化を図る」

※子育て応援都市宣言の前から取り組んでいる乳幼児等医療費助成と合わせると、中学3年生までの医療費が無料。ただし0歳児を除き、所得制限を設けている。

 6番目は、『子育て応援券交付』で、「子供が生まれた親に、0~2歳まで有料の子育て支援サービスに利用できる子育て応援券20,000円分を贈る」

※利用できるサービス:保育所一時預かり・延長保育、ファミリーサポート、任意の予防接種など

 以上が11の鍵の内、6番目までです。7~11は次回紹介します。

子育て応援都市宣言 <11月19日>

2019.11.19

 先月末に県外行政視察で訪れた兵庫県相生市、人口約29,500人、面積90.40㎢と、人口は松田町と開成町を合わせたほどで、面積はほぼ箱根町と同様の自治体です。

 かつて造船の街として栄え、昭和40年代には全世界でトップの造船浸水を数年続けたという企業城下町だった様です。

 当時は42,000人を超える人口が、造船の衰退とともに減少が進んでしまい、危機的な財政難と人口減少に陥ってしまったようです。

 その対策として、市長の強い思い入れで「子育て応援都市」を宣言したとのことです。

 平成23年4月1日に出された子育て応援都市宣言とは、

 『子どもは次世代を担うかけがえのない存在であり、子どもたちが夢と希望をもち、健やかに育つことは、私たちの願いです。

 子どもを産み育てやすい環境をつくり、心豊かなたくましい人を育てることは、私たちの使命です。

 わたしたち相生市民は、子どもの笑顔があふれ、子育てに喜びを実感できるよう、家庭、地域、学校、行政みんなが手を携え、地域全体で子育てを支援するまちを目指し、ここに「子育て応援都市」を宣言します』<『』内は相生市行政視察研修資料より抜粋>です。  

 そしてその具体的な実践として「子育て応援施策“11の鍵”」を定め推進された結果、社会保障・人口問題研究所による将来人口推計が近隣地域の市町の中で、相生市だけが上振れしているという結果が得られたようです。

 「子育て応援施策“11の鍵”」は今後何回かに分けて紹介したいと思います。

 一番印象に残ったのは、「市長が限られた財源の中、”選択と集中”という思い切った取り組みの覚悟を決め、強い想いでこの活動を強力に推進したことが成果につながった」という市の職員の説明でした。私が考える首長のあるべき姿です。

水の都で記録的高潮続く <11月18日>

2019.11.18

IMG_1510

<ベネチアサンマルコ広場で(上)ゴンドラからの街並み(下)2012年撮影>

 『水の都で記録的高潮続く 被害額1200億円超か』18日、テレビ朝日系ANNが配信したニュースのタイトルです。

 ニュースは『「水の都」として知られるイタリアのベネチアで17日、記録的な高潮が襲いました。浸水による被害額は1200億円を超えるとみられています。

 日本人観光客:「ずっと、きょう楽しみにしていたんですけれど、思っていた所に行けないのが残念」

 ベネチアは17日、150センチの高潮に見舞われました。150センチ以上の高潮を記録するのは今月に入って3度目で、14日には政府が「非常事態宣言」を出しています。

 再び浸水したサンマルコ広場の入り口は封鎖され、観光客らは立ち往生しました。現地メディアによりますと、一連の浸水による被害額は1200億円を超えるということで深刻な影響が続いています。』と伝えています。

 楽しみにしていた日本人観光客の残念な声が載せられています。日本人にとってイタリア観光の中でローマ、フィレンツェ、ベネチアは最も楽しみな観光地ではないかと思います。

 私たちが7年前に旅行した時は、サンマルコ広場も多くの外国人観光客で賑わい、ゴンドラからの街並みも最高でした。

 被害額が1200億円を超えるというのも驚きです。150センチを超える記録的な高潮に見舞われたとのことですが、これも地球温暖化が原因の一つではないでしょうか。

 7年経った今でもベネチアの風景が目に浮かびます。ニュースで見る限り人的被害の報道がないのが不幸中の幸いだと思いますが、一日も早くあの素晴らしいい水の都に戻るよう心から願ってやみません。

IMG_1511

正倉院展 <11月17日>

2019.11.17

 17日、ご即位記念の特別展として、10月14日から11月24日まで上野国立博物館で開催されている正倉院展を家内と見に行って来ました。

 特別展ということで、正倉院宝物と法隆寺献納宝物という日本を代表する文化財が一堂に会する希有な機会で、普段は奈良まで行かなければ見ることのできない宝物を見ることが出来ました。

 めったに無いチャンスとあって連日大盛況の様子がインターネットから流れてくる中で、特に終盤の日曜日混雑は覚悟で出かけました。

 会場の上野国立博物館には14時頃到着、約1時間並んで中に入ることが出来ましたが、館内も人、人、人。それでも1時間ほどかけてほとんどの展示品を見ることが出来ました。

 特に人だかりが多く目を引いたのは、入り口のポスターにも載せられていた、びわ、水瓶、螺鈿の鏡、ガラスの碗でした。

 入り口に展示された西暦731年頃の聖武天皇直筆の書は、21メートルの長さに亘り整然とした美しい書体であり、31歳の時に書かれたとされていますが、天皇の力量が示された素晴らしいもので、その品格と清々しさに感銘を受けました。

 保管に優れていると言われている校倉造の宝物殿がなせる業なのかもしれませんが、どの展示品も1300年近く前の物とは思えない保存状態の良いものばかりで、ただただ驚くばかりでした。

 天皇のご即位にあやかって昔の素晴らしいい文化を垣間見ることが出来、芸術の秋を堪能することが出来ました。

<会場入り口の正倉院展ポスター(上)館内は撮影禁止ですが出口付近の模造品は撮影が許されて(中・下)>IMG_1507IMG_1499IMG_1504