ブログBlog

New Entry

Category

頼もしいニュース <6月10日>

2021.06.10

 読売新聞オンラインが10日配信したニュースは『塩野義製薬木山竜一・上席執行役員医薬研究本部長が読売新聞のインタビューに応じ、国内で治験中の新型コロナウイルスワクチンについて、年内に最大3000万人分の量産体制を整える方針を明らかにした。

 岐阜県池田町に新工場を建設する。木山氏は「安全な国産ワクチンをできるだけ早く提供したい」と述べた。(途中省略)

 また木山氏は、変異ウイルスに対応するワクチンの開発を進めていることも明らかにした。「様々な変異ウイルスにも対応したい」と述べ、有効性の検証を急ぐ考えだ。』と掲載されていました。

 さらに記事は『一方、塩野義は新型コロナ治療薬の治験を近く国内で始める。飲み薬での実用化を目指しており、木山氏は「ワクチンは海外の後塵(こうじん)を拝したが、治療薬はどこよりも早く実用化したい」と話した。』と結ばれていました。

 記事にもあるようにワクチン開発は海外に後れる結果となりましたが、遅ればせながらとは言え年内に量産体制が整えられるというのは何かホッとする思いです。

 さらに、治療薬について「どこよりも早く実用化したい」という話は大変頼もしく感じました。

 塩野義製薬が取り組まれているワクチンと治療薬、日本人としてはメイドインジャパンに大いに期待したいと思います。

11月までに全国民ワクチン接種完了 <6月9日>

2021.06.9

 『菅首相党首討論で、新型コロナワクチン接種に関し「今年の10月から11月にかけて、必要な国民については全てを終えることを実現したい」と述べた。』9日夕方、共同通信が配信した記事です。

 このところ高齢者の方と話す機会があれば、必ず話題になるのがワクチン接種です。

 いつ1回目の接種をしたとか、いつ接種の予約が取れた、どこの自治体は対応が良いがどこの自治体は悪いらしい、どこのお医者さんは早く接種できたなど、話を聞いているとワクチン接種に対する関心の高さがよくわかります。

 高齢者はすでに接種対象として接種券が配られているために、話題の中心になっているのだと思いますが、まだ接種の順番が回ってこない層の方々は関心の持ちようもないのが現実ではないでしょうか。

 しかし今回の首相の発言で、必要な国民については11月までに全て完了するとなれば、現在対象となっていない方もかなり身近に感じられるのではないかと思います。

 首相の発言通り、接種を希望する国民が11月までに全て完了することにより、来年こそはいつも通りの日常を迎えられることを願ってやみません。

増加率トップ <6月8日>

2021.06.8

 8日の神静民報が一面トップで伝えた記事は『県は7日までに、昨年10月に実施された国勢調査の結果に関して、県内人口と世帯の速報を明らかにした。県西部では開成町の人口増加率が際立ち、全市町村と行政区の中でナンバーワン。』と始まっていました。

 記事によると開成町の人口増加率は7.8%で県内1位、2位は川崎市中原区で6.6%です。

 駅周辺にマンションやアパートが建ち、土地区画整理事業が進んで住宅用地が整備されれば移り住む人が増えるのは当然です。

 人口増加率トップが続く町としては、インフラ整備に加え、出産育児、教育、老人福祉などの住民サービスも県内トップクラスに充実している町づくりをしなければなりません。

 人口増加率連続トップにおごることなく、前から住んでいる方も移り住まわれた方も「この町に住んで本当に良かった」心からそう思えるよう、常に住民福祉の向上に努めることがこれからの開成町には一番重要なことだと思います。

コロナ禍に明るいニュース <6月7日>

2021.06.7

 7日、新聞各紙1面に6日に鳥取市内で行われた陸上競技会の100mで山県選手が9秒95の日本新記録を樹立したという記事が掲載されました。

 このニュースに関して7日のスポニチアネックスは『陸上の布勢スプリントで男子100メートルの日本新記録9秒95を出した山県亮太(28=セイコー)に、全日空から粋なプレゼントが届いた。

 レースから一夜明けた7日、鳥取空港から羽田空港へ向かう機内で、キャビンアテンダントが祝福のアナウンス。「昨日、鳥取市の陸上競技場で男子100メートル決勝が行われました。9秒95の日本記録をマークした山県亮太選手おめでとうございます。コロナ禍の暗く不安な日々の中、明るく胸躍るニュースを届けてくださり、ありがとうございます。これからも山県選手のご活躍をお祈り申し上げます」という声が響くと、機内から拍手が起きた。

 機長もこう続けた。「今後の活躍を期待しております。中学時代の100メートルの自己ベストが12秒00の機長より、お祝いを申し上げます」

 予想外の展開に、山県は「恥ずかしい。うれしいです。こんなこと、なかなかあることじゃないので」と照れていた。』という記事を配信しました。

 私も中学・高校と陸上部で100mの選手でしたが、記録はこの機長と全く同じ、9秒台など夢の夢でした。コロナ禍で本当に明るいニュースだと思います。

ワクチン接種 <6月6日>

2021.06.6

 6日、足柄上郡5町の集団接種会場である大井町総合体育館で新型コロナウイルスのワクチン接種を受けました。

 15時の予約だったため14時40分ぐらいに会場に着きました。

 駐車場係りの方に会場までの誘導をいただき、会場入り口では手指の消毒と外での待機席に案内され、予約時間の10分ほど前には会場内の待合席に移動、そこで検温と予診票の確認を受け予約時間通りに接種に向けた手続きが始まりました。

 先ずは本人確認から始まり、接種会場の入り口で予診票のチェックがあり、会場内では医師による問診が行われその後接種という運びでした。

 接種が終わると経過観察場で15分間の待機、その間に2回目の予約受付があり、大変スムースな流れの中で接種を済ますことができました。

 医師の問診と接種するブースは3か所あり、問診の先生、接種される医療従事者の方、運営されるスタッフ皆さんが手際のよい優しく丁寧な対応で、会場に行く前は多少緊張しましたが、なんの不安もなく終わることができました。

 注射もほとんど痛みを感じることなく、数時間たった今も変化のない状態であり、このまま痛みや発熱などの副反応が出ずに済むことを願っています。